動線はオフィスデザインにおいて非常に重要です

オフィスデザインを考える場合に先ず検討しなければいけないことはレイアウトです。どこに何を配置するのかということです。それを考えるために重要になることがあります。それは動線です。人が動くための通路です。それぞれの場所から必要に応じて人は動きます。そこに何か障害になるようなものが存在していたり、効率的に動くことができないような配置は避けるべきです。レイアウトだけを考えている時はそれほど気にならない場合がありますので特に意識をしておかなければいけないところです。毎日の作業の中で感じるストレスは、一回に感じるものは小さなものであっても毎日感じ続けることによって大きなストレスになってしまいます。ですから、動線をどうとるのかということには注意をしなければいけません。決してどうでもいい小さなことではありません。

エリア分けがオフィスデザインにおいて重要です

長い間使い勝手の良さを感じられるオフィスにしたいなら、オフィスデザインを考える時に大切になることがあります。それは、長期的な視点です。今現在だけのことを考えるのではなく、先々のことも考えるということです。しかし、状況は日々刻々と変化していきます。一度決めたものを永遠に利用することが良い事だとは言えません。当然、必要に応じて変更していくということが大切になります。つまり、長期的な視点で考えるということは、先々の変更も視野に入れるということです。その際に注意するべきことは、変更を予定しているエリアと原則として変更をしないエリアを分けておくことです。そして、その変更をしないエリアを中心に据えます。そうすることで必要に応じて変更を簡単に加えられるのと同時に、変更のたびにすべてを変えなければならないという負担がなくなります。

コミュニケーションはオフィスデザインの鍵です

同じオフィスで働くもの同士におけるコミュニケーションは非常に大切です。ですから、当然オフィスデザインを考える際にも考慮すべきことになります。そこで、そのコミュニケーションに関して考えておかなければいけないことがあります。それはオフィス内に於いてどのようなコミュニケーションが必要なのか、または、どの程度必要になるのかということです。つまり、一緒に働いているもの同士がコミュニケーションをとり易ければそれで良いという訳ではないということです。目的は仕事がしやすい環境作りです。その仕事のしやすさというものの中では、集中しやすいということも大変重要になります。ですから、オフィスにおけるコミュニケーションを考える場合は、集中しやすさとの両立を意識しなければいけません。そのために先ずは必要なコミュニケーションを知ることが大切です。

見積りは素早く、専門スタッフが現地へ調査に伺います。 コーポレートカラーやイメージをお聞かせください、企業の個性を引き出し魅力を高めます。 当社の他社との違いとは、オフィスデザインをデザインから施工までトータルで行える事です。 モチベーションが高まるレイアウト、安らぎのある環境で業務効率もアップすることでしょう。

Posted by admin in