任意売却物件のメリットに関して

任意売却とは、「抵当権の実行により不動産競売に付される以前の段階で、債権者と債務者の合意に基づいて、第三者との間で売買をすること」と定義されています。この抵当権とは簡単にいえば差し押さえですね。借金をしてしまい、お金を返せずに物件を競売にかけられてしまう前に合意さえあれば任意売却が成立し、任意売却物件ができるのです。

この任意売却物件のメリットは、「不動産競売にかけられるよりも市場価格に近い価格で取引され返済額に多く充当できる」、「専用窓口を使えば、売却に不要な費用がかからない。」、「競売の際に告知される個人情報が公開されずにプライバシーが守られる」、「引っ越しなどの融通が利く」、「売却後も合意があれば住み続けられる」などのいろいろなメリットがあります。私はこの、「不動産競売にかけられるよりも市場価格に近い価格で取引され返済額に多く充当できる」にかなりのメリットがあるように感じます。なぜなら、不動産競売っていうのは安く買われ高く売られるのが主流になっているからです。コストを削減し、利益を得たいとする不動産業界にはとても有利な商法です。しかし、この任意売却を使うと、直接取引となり高値で買い取ってもらうことができお金を多く受け取ることができるからです。逆に、任意売却物件のデメリットもあります。それは、任意売却による損失です。任意売却なので、不動屋によって査定額が異なる場合があります。そのため、運悪く査定額が低い状態で売却してしまうと通常売却より安いお金しか入ってこないという事例が過去にありました。

それを防ぐためにも、任意売却はあまり利用しないほうがいいと言えるかもしれませんね。プライバシーが保護される点は評価できますがそれ以外は競売と同じかそれ以下の評価しか私はすることができません。先に述べた理由でね。やっぱり、時と場合を見て、競売にかけるのか任意売却にするのかはその人次第で決めるしかないんです。先ほど、私は「任意売却を評価しない」と述べましたが全く評価しないというわけではないです。一番最初に述べたように任意売却には多くのメリットがあります。しかし、それには多少のリスクも伴います。リスクがあってこその任意売却とも言えますがね。それはそれでいいことなんじゃないでしょうか・・・最後に任意売却が悪いわけではないんです。競売が悪いわけじゃない。抵当権も悪くない。悪いのは、返せなくなった人が悪いんです私はそう考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*