役立つ任意売却の裏わざに希望をかける

私の隣の町の知人が、ご主人が体をこわし、知人のパートの給料では支払いが不可能になり、競売にかかる前に、司法書士に相談して任意売却をして、そのローンを済ませてしまおうと言うことになり、敏腕司法書士と実績のある全国展開をしている優良な不動産会社の連携で、見事に任意売却が、非常に高額でできたために住宅ローンの全てを返済してしまうことができました。ところが、その家族は、今もその家に住み続けています。さすがに実績を積んだ司法書士は、色んな任意売却の裏技を知っていて、状況にあわせた対応を見事にしてくれると喜んでいました。確かに計画性のない空宅ローン未納ではなく、病気によるものですから、誰もが何とかしてあげたいとは思っていたものの、その物件を買い取れるほどのかいしょはありませんし、どうして生命保険に入っていなかったのかと反対に知人を責めてしまったくらいです。

知人の家は、所有者名義が兄の名前に変更になっただけで、そのまま住み続けることができたのです。高値でその家を購入したお兄さんは、今人気のフラット35でローンを組みましたから、知人の支払っていた月々のローン金額よりかなり低い額でした。お兄さんには、その金額に少しプラスアルファした金額を家賃代わりに払い続けることで、ファミリーは救われました。もちろんお兄さんの住所地も底になるのですが、お兄さんから買い戻せるように頑張りたいと言っていました。たまたま親戚筋に常緑者がいたために、この裏技を使うことができたようですが、買い戻し特約もしておこうということになったそうです。これは、まじめに住宅ローンを十年払い続けていた弟であったために、ローン返済額が低かったことなども、功を奏したそうで、ベテランの司法書士は、多角的に鋭い目を持って見ているということが、よく解りました。

買い戻し特約というのは、私も初めて聞いたのですが、売却する時に一定の期間内に所有者から優先的に買うことができる権利だそうです。お兄さんなら必要ないかと思いますが、ひとつのけじめのようです。ただ、これが他人の場合は、上手に交渉が必要ですから、やあはり実績のある不動産会社と法律家の元に行わなければ、叶わないことのよう気がします。任意売却をすることになっても買い戻したいという気持ちと可能性がある場合は、必ず専門家に相談するのが賢明です。役立つ任意売却の裏わざの色々があるということを知り、希望が広がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*